どうしてこのようなことが起こるのでしょうか?

売上の入金の期日は長すぎませんか?

仕入等の支払い期日は短すぎませんか?

在庫をもっている期間は長すぎませんか?

借入金の返済期間は短すぎませんか?

・そもそも利益は出ていますか?

・支払に対して売上は足りていますか?

今必要な売上を把握していますか?

・売上に対して仕入等の割合が大きすぎませんか?

無駄な経費が多くありませんか?

どんぶり勘定で毎月の数字を把握していないことはありませんか?

・身近に親身に相談に乗ってくれる専門家はいますか?

納得した経営者
そんな泥沼な資金繰りから抜け出す方法があります。
それが月次資金決算書です!

月次資金決算書とは

月次資金決算書で会社の数字を分析することで、どこにお金が消えたかわかります。

どのくらいの売上があればお金が残るのかはっきりわかります。

わかりやすい図表を用いて毎月わかりやすい言葉で丁寧に説明します。

あなたのお金はどこに消えてしまったのでしょう?
資金繰りに困っている経営者

例えば、売掛金売掛金はまだお金になってないですよね?

売掛金は回収されて初めてお金になるのです。

こんな例が他にもいくつもあります。

このようなことを一目でわかるものが月次資金決算書です。

この表がわかるとあなたのお金がどこに消えたかわかります!

ではあなたの会社ではいくらの売上があれば
お金が残るのでしょうか?

・まず、会社に残したいお金を考えてみてください。

・その会社に残したいお金から逆算して必要な売上を割り出します。

・結果として、この売上を達成すれば残したいお金が残ることになります!

このような計算も、月次資金決算書を使うことで簡単に分かります!

ではなぜ下田会計事務所はこういうことができるのでしょうか?

税理士が4名、公認会計士が1名所属しているため、高度なサービスが提供できる専門家集団だからです。

川越で40年の歴史がある事務所です。それぞれのお客様に寄り添い、数々の黒字化に貢献してきました。( お客様の声

下田会計事務所はあなたの資金繰りの悩みを解決することができるのです!

このサービスをもっと知りたい方は、是非下田会計にご連絡下さい。無料相談をご用意しております。

納得した経営者OKサイン

下田会計事務所にご相談下さい!

下田会計事務所では、初回相談を無料で行っております。
フリーダイヤル0120-408-174またはお問合せフォームよりお気軽にお問い合わせください。

下田会計事務所│経営財務コンサルティング「二階建てサービス」のご提供。中小企業の成長拡大のための総合的なサービスを提供しています

Copyright © 2017 下田会計事務所 All Rights Reserved.