財産塾かわらばん 11月号 「いろいろな贈与」

いろいろな贈与

今回は、皆さんがよく行われている贈与についてのお話です。

相続税対策や子供の自宅建築支援や生活補助などの目的で行われています。
国も経済活性化手段として、この数年いろいろな贈与の優遇税制を打ち出して
います。
精算課税贈与や住宅資金贈与などです。

皆さんが贈与するときに一番気になるのが税金の事だと思います。

贈与で税金がかからないものとしては
扶養義務者の間での生活費や教育費、結婚費用で社会通念上の相当の金額
一定限度までならかからないものなど(別表 比較表 参照)

金銭等の移動がないが贈与と同じ効果があり、税金がかからないものとして
親名義の新居に居住したり、親名義の車を使用するなどの行為

最近、贈与について、特例が追加あるいは改正されて複雑になっています。
今年と来年にかけての贈与関係をまとめてみました。

現在の贈与の種類として次のような贈与があります。その内容と中身の比較表
です。

種類

1 暦年贈与       一般の贈与、1年間にもらった分で計算
2 相続時精算課税  親・祖父母からの贈与で相続時に精算する贈与
<住宅資金贈与精算課税…一千万プラス。比較表は(  )内>…22年廃止
3 住宅取得等資金  親・祖父母からの居住用資金の贈与
4 配偶者贈与     20年以上連れ添った配偶者への居住用の贈与

Copyright © 2017 下田会計事務所 All Rights Reserved.